漁業懇話会委員会運営規程

bar.gif

(委員会の運営)
第 1 条  本委員会は,公益社団法人 日本水産学会委員会等設置規程第2条,第11条及び第18条に拠り運営する。
(委員長及び副委員長,委員)
第 2 条  本委員会に委員長1名,副委員長1名を置く。
2  委員長及び副委員長の選出は,委員会等設置規程第2条第3項の規定に拠る。
第 3 条  委員長,副委員長,及び幹事の任期は1年とし,引き続き再任することを妨げない。
2  委員の任期は2年とし,原則として1回のみの再任を可とする。
(委員長の職務)
第 4 条  委員長は委員会を招集し,その議長となる。委員長に支障がある場合は,副委員長がその職務を代行する。
2  委員長は,議事録を委員全員に配布する。
3  委員長は,審議の結果を漁業・資源管理担当理事に報告する。
(委員会の開催)
第 5 条  委員会は,年2回(春・秋)定期的に開くほか,必要に応じ随時開催する。なお,書面による審議をもって委員会の開催に代えることができる。
(委員会の審議事項)
第 6 条  委員会は,漁業懇話会の目的を達成するため,懇話会,講演会,研究会等の企画,開催に関する事項を審議する。
第 7 条  委員会は,優れた若手研究者に対して,漁業懇話会奨励賞を授与する。
2  各委員は,前年度の春季及び秋季大会において,漁業懇話会の該当分野・細目に関連する口頭発表及びポスター発表を行った学生,大学院生及び概ね30歳以下の研究者から受賞候補者を推薦する。
3  各委員は,受賞候補者から2名を推薦し,委員会で集計の後,受賞者3名程度を決定する。なお,委員長,副委員長及び幹事は推薦及び選出は行わない。
4  漁業懇話会奨励賞受賞者には賞状及び記念品を贈呈する。
5  賞の贈呈は,日本水産学会春季大会会期中の漁業懇話会講演会後に行う。
(改 廃)
第 8 条  この規程の改廃は,理事会の決議を経て行う。
附 則  本規程は,公益認定を受け移行の登記を行った日から施行する。

 (平成25年 6月 8日 一部改正)
 (平成27年 2月28日 一部改正)

bar.gif