平成25年度シンポジウム企画委員会

担当理事 渡邊良朗
委 員 長 長富 潔
副委員長 高木 力
委  員(水産一般) 征矢野 清,中嶋正道,藤森康澄,松石 隆,吉松隆夫,清水幾太郎, 益田玲爾
    (水産化学) 金庭正樹,久田 孝,小檜山篤志,田代有里,福島英登,益本俊郎,横山芳博
    (支部委員) 酒井隆一(北海道),青野英明(東北),糸井史朗(関東),
  上原伸二(中部),太田博巳(近畿),今井千文(中国・四国),
  安樂和彦(九州)
幹  事 高谷智裕


シンポジウム企画案の公募について

シンポジウム企画委員会委員長 長富 潔

 シンポジウム企画委員会では,学術的話題に加えて,特にシンポジウムの成果が本学会の一層の活性化と社会貢献を含む公益性の向上に結びつくような,産学の今日的・将来的な重要性と話題性のある企画を下記により公募します。過去に開催されたシンポジウム企画の一覧を学会ホームページに掲載しておりますので,最近に同様の企画がないことをご確認の上,積極的にご提案下さい。
 企画案は,シンポジウム企画委員の提案によるほか,支部,大会委員会,懇話会委員会,会員からも公募しております。シンポジウムの企画責任者には,シンポジウム企画委員会委員を含む必要はありません。また,会員以外の方を演者,座長にすることも差し支えありません。開催年度のシンポジウム企画案の採択決定は1年前の委員会で行うことを原則としていますが,社会的に大きな問題(あるいは話題)になるような緊急性の高い企画案については,その旨の理由書を添えて提案して頂ければ,早急に対応することとしております。企画されたシンポジウムを他団体と共催したい場合,本委員会で妥当性を審議させていただきますのでお申し出下さい。なお、シンポジウムはすべて公開としており,シンポジウムのみの参加者からは大会参加費を徴収しないこととしています。

企画案書式   題目,企画責任者(所属略記),プログラム【演題,演者・座長(所属略記),時間】,企画の趣旨(300字程度),提案年月日,水産学シリーズの出版希望の有無,開催希望年度および時季,連絡先の順で,従来のシンポジウム・プログラム(講演プログラムに掲載されているもの)の書式にならってA4サイズで作成して下さい。

提出期限   随時
提 出 先   〒852-8521 長崎市文教町1-14
長崎大学水産学部 海洋物質科学講座
日本水産学会シンポジウム企画委員会 幹事 高谷智裕
TEL & Fax (095)819-2846
e-mail  taka@nagasaki-u.ac.jp

※ e-mailを使用される場合は,企画案の電子ファイル(MS-WORD またはPDFファイル化したもの)を添付して下さい。またFAXを使用の場合は,電子ファイルを別途送付願います。受け付け日時はe-mail,FAXの受信日とします。 なお,学会からの1件あたりの経費補助金は6万円です。水産学シリーズの刊行についての採択決定は出版委員会で審議されます。
 詳細についてはシンポジウム企画委員会幹事 高谷 までお問い合わせ下さい。


ミニシンポジウム企画案の公募について

シンポジウム企画委員会委員長 長富 潔

 平成26年度日本水産学会秋季大会時開催希望の企画案を下記により公募します。ミニシンポジウムは演者5名程度,3時間程度の規模のもので午前・午後各2件計4件以内を開催します。過去に開催されたミニシンポジウム企画の一覧を学会ホームページに掲載していますので,最近に同様の企画がないことをご確認の上、積極的にご提案下さい。
 企画案は,シンポジウム企画委員の提案によるほか,支部,大会委員会,懇話会委員会,会員からも公募しております。ミニシンポジウムの企画責任者には,シンポジウム企画委員会委員を含む必要はありません。また,会員以外の方を演者,座長にすることも差し支えありません。企画されたミニシンポジウムを他団体と共催したい場合,本委員会で妥当性を審議させていただきますのでお申し出下さい。なお、ミニシンポジウムはすべて公開としており,ミニシンポジウムのみの参加者からは大会参加費を徴収しないこととしています。

企画案書式   題目,企画責任者(所属略記),プログラム【演題,演者・座長(所属略記),時間】,企画の趣旨(200字程度),提案年月日,水産学シリーズの出版希望の有無,連絡先の順で,従来のミニシンポジウム・プログラム(講演プログラムに掲載されているもの)の書式にならってA4サイズで作成して下さい。

提出期限   平成26年2月17日(月)
提 出 先   〒852-8521 長崎市文教町1-14
長崎大学水産学部 海洋物質科学講座
日本水産学会シンポジウム企画委員会 幹事 高谷智裕
TEL & Fax (095)819-2846
e-mail  taka@nagasaki-u.ac.jp

※ e-mailを使用される場合は,企画案の電子ファイル(MS-WORD またはPDFファイル化したもの)を添付して下さい。またFAXを使用の場合は,電子ファイルを別途送付願います。受け付け日時はe-mail,FAXの受信日とします。
 学会からの1件あたりの経費補助金は3万円で,講演内容は日本水産学会誌にミニシンポジウム記録として掲載が予定されています。一方,水産学シリーズの刊行についての採択決定は出版委員会で審議されます。なお,企画案が多数の場合,採否に当たって申し込み順を考慮することがあります。
 詳細についてはシンポジウム企画委員会幹事 高谷 までお問い合わせ下さい。


平成26年度日本水産学会春季大会時開催予定のシンポジウム

(1)   題 目 スサビノリの持続的生産への挑戦
企画責任者 三上浩司・小林正裕・川村嘉応・二羽恭介
(2)   題 目 ハタ科魚類における繁殖の生理生態と種苗生産
企画責任者 征矢野 清・照屋和久・中田 久


平成26年度日本水産学会春季大会時開催予定のミニシンポジウム

(1)   題 目 水産物の生産・加工・流通段階を保障するリスク管理研究の最新動向
企画責任者 澤辺智雄・里見正隆・山崎浩司
(2)   題 目 データ高回収率を実現するバイオロギングシステムの構築
      〜魚類の個体群・群集ダイナミクス解明に挑む〜
企画責任者 宮下和士・北川貴士・宮本佳則・荒井修亮
(3)   題 目 微量元素・同位体を指標とした沿岸域の物質動態研究の現状と展望
企画責任者 石川智士・林崎健一・吉川 尚・富永 修・中野孝教


平成26年度日本水産学会秋季大会時開催予定のシンポジウム

(1)   題 目 「魚類の初期生活史研究の最前線」(仮題)
企画責任者 望岡典隆・木下 泉・立原 一憲・河野 博・南 卓志
(2)   題 目  
企画責任者


平成26年度日本水産学会秋季大会時開催予定のミニシンポジウム

公募中です。


過去のシンポジウム一覧 pdf